【タイ語:数字や年月日】数字や時間

タイ語数字や時間

タイ語で数字や時間を言ってみましょう。

ちなみに私は結構時間がかかりましたが、数字が言える様になりました。^o^;)
別ページにある月や曜日は中々覚えられないですね。

では、頑張って行ってみましょう。

「数字」を言ってみよう

タイでは、欧米の数字表記「1,2,3...」も使用しますが、タイ語の数字もあります。
ここでは、欧米の数字とタイ数字、タイ数字の読み方、タイ数字の読み方に対するタイ語表記を表にしています。

まずは1から10まで

※)丸括弧はほとんど聞こえないぐらいの発音です。

数字 タイ数字 タイ語の表記
緑:アクセント
数字 タイ数字 タイ語の表記
緑:アクセント
ヌン(Neung)
หนึ่ง
ホッ(ク)(Hohk)
หก
ソー(Song)
สอง
ジェッ(トゥ)(Jet)
เจ็ด
サー(Saam)
สาม
ペァッ(ドゥ)(Paet)
แปด
スィー(See)
สี่
ガーオ(Gaao)
เก้า
ー(Haa)
ห้า
10 ๑๐ スィッ(プ)(Sib)
สิบ
スゥーン(Suun)
ศูนย์

 30、40、50等の言い方

十の位の数につづけて、10(シッ(プ))といえばOK.。
ただし、20は例外で、特別な言い方となります。

数字 タイ数字 タイ語の表記
緑:アクセント
数字 タイ数字 タイ語の表記
緑:アクセント
10 ๑๐ スィッ(プ)
(Sib)
สิบ
60 ๖๐ ホッ(ク)スィッ(プ)
(Hohk Sib)
หกสิบ
20 ๒๐ ースィッ(プ)
(Yee Sib)
สอง
70 ๗๐ ジェッ(トゥ)スィッ(プ)
(Jet Sib)
เจ็ดสิบ
30 ๓๐ サースィッ(プ)
(Saam Sib)
สามสิบ
80 ๘๐ ペァッ(ドゥ)スィッ(プ)
(Paet Sib)
แปดสิบ
40 ๔๐ スィースィッ(プ)
(See Sib)
สี่สิบ
90 ๙๐ ガーオガスィッ(プ)
(Gaao Sib)
เก้าสิบ
50 ๕๐ ースィッ(プ)
(Haa Sib)
ห้าสิบ
100 ๑๐๐ ヌン ロー
(Neung Roy)
หนึ่งร้อย


35、42等の言い方

十の位に続けて、一の位を言います。
(35なら、30をまず言って、5を言います。(サームスィ(ップ)ハー)
(42なら、同じように、スィースィ(ップ)ソーン)

例外)一の位の「1」がくる時は、「ヌン」ではなく「エッ(トゥ)」となります。
  「11」なら「スィッ(プ) エッ(トゥ)」です。


100の言い方

100は「ローイ」です。30や40の言い方と同じように、
100: ヌン(1)ローイ(100)
200: ソーン(2)ローイ(200)といいます。

「時間」を言ってみよう

 注文、注文?

タイ語の会話を聞いていても、何を隠そう、ほとんど分かりませんが、たまーに「チューモン、チューモン」(注文、注文)、というような言葉が聞こえてきます。

え?なんだろー、と思ってしまいますが、これが、1時間、2時間という時の「時間」(チュァモーン ชั่วโมง )だったんですね~。

意味 タイ語 緑:アクセント / 青:男性 / ピンク:女性
1時間 ヌン チュモーン
(Neung Chua Mohng)
หนึ่งชั่วโมง
2時間 ソー チュモーン
(Song Chua Mohng)
สองชั่วโมง
10時間 スィッ(プ) チュモーン
(Sib Chua Mohng)
สิบชั่วโมง
24時間 ースィッ(プ)スィー チュモーン
(Yee Sib See Chua Mohng)
ยี่สิบสี่ชั่วโมง
100時間 ヌンロー チュモーン
(Neung Roy Chua Mohng)
หนึ่งร้อยชั่วโมง

「時間」とくれば、次は「分」です。

「分」は”ナーティー นาที ”といいます。会話ではよく「5分」の意味の「ハーナティー」というのを耳にします(聞き取りやすい語感なんですね)

意味 タイ語 緑:アクセント / 青:男性 / ピンク:女性
1分 ヌン ナーティー
(Neung Naa Thee)
หนึ่งนาที
2分 ソー ナーティー
(Song Naa Thee)
สองนาที
10分 スィッ(プ) ナーティー
(Sib Naa Thee)
สิบนาที
30分 サースィッ(プ) ナーティー
(Saam Sib Naa Thee)
สามสิบนาที
45分 スィースィッ(プ)ー ナーティー
(See Sib Haa Naa Thee)
สี่สิบห้านาที

ということから、1時間30分は? というと...
⇒ 「ヌンチュァモン サームスィップ ナーティー」 ですね。^-^)

「数字や時間の表現」を言ってみよう

数字の表現

意味 タイ語 緑:アクセント / 青:男性 / ピンク:女性
いくつですか? ギーアン クラッ(プ) / カー
(Gee An Krab/Ka)
กี่ อัน ครับ/คะ
2つです。 ソー アン クラッ(プ) / カー
(Song An Krab/Ka)
สอง อัน ครับ/ค่ะ
いくつ欲しいですか? トンカン ギーアン クラッ(プ) / カー
(TongGarn Gee An Krab/Ka)
ต้องการ กี่ อัน ครับ/คะ
5つ欲しいです。 トンカン ー アン クラッ(プ) / カー
(TongGarn Haa An Krab/Ka)
ต้องการ ห้า อัน ครับ/ค่ะ
いくらですか? ライ クラッ(プ) / カー
(Thaorai Krab/Ka)
เท่าไร ครับ/คะ
50バーツです。 ー スィップ バーツ クラッ(プ) / カー
(Haa Sib Bahts Krab/Ka)
ห้าสิบ บาท ครับ/ค่ะ

このあたり、使えるようになるとタイ旅行も一層楽しくなりますね。

時間の表現

意味 タイ語 緑:アクセント / 青:男性 / ピンク:女性
今、何時ですか? トーンニー ギーモーン クラッ(プ) / カー
(Torn nee Gee Mong Krab/Ka)
ตอนนี้กี่โมง ครับ/คะ
9時10分です。 ーオ モーン スィップ ナーティー クラッ(プ) / カー
(Gaao Mong Sib Naa Thee Krab/Ka)
9 โมง 10 นาที ครับ/ค่ะ
何時間かかりますか? チャウェラー ギー チュァモン クラッ(プ) / カー
(Shai Wae-laa Gee ChuaMohng Krab/Ka)
ใช้เวลากี่ชั่วโมง ครับ/คะ
2時間です。 ソー チュァモン クラッ(プ) / カー
(Song ChuaMohng Krab/Ka)
2 ชั่วโมง ครับ/ค่ะ
45分 スィースィッ(プ)ハーナーティー
(See Sib Haa Naa Thee)
สี่สิบห้านาที

このあたりも、使えるようになるとタイ旅行も一層楽しくなりますね。

「回数の頻度」を言ってみよう

頻度の表現

さて、タイ語で、”よく”、とか”時々”、を使ってみましょう。

意味 タイ語 緑:アクセント / 青:男性 / ピンク:女性
とてもよく
(so often)
ボイボイ(BoiBoi)
บ่อยๆ
よく
(often)
ボイ(Boi)
บ่อย
時々
(sometimes)
バンクラーン(Bangkrang)
บางครั้ง
たまに
(once in a while)
ピヤンケャ バンクラーン
(PiangKae Bangkrang)
เพียงแค่บางครั้ง

繰り返しの書き方

「ボイボイ」は、「ボイ」を2回繰り返した言い方。
このような場合、日本語で言えば、「時々」の「々」にあたるのが「 」。
ということで、「ボイボイ」は「ボイ( บ่อย) 」+「 」で「ボイボイ( บ่อยๆ) 」となります。

(※) 個人的に"ボイボイ"という表現が、なぜかお気に入りです。(´∀`*)

これらを使うと、例えば、以下のようになります。

意味 タイ語 緑:アクセント / 青:男性 / ピンク:女性
私は、(とてもよく)、旅行に行きます ポム/ディチャン ドゥァーンターン (ボイボイ) クラッ(プ) / カー
(Pom/Dichan DernThang BoiBoi Krab/Ka)
ผม/ดิฉัน เดินทาง บ่อยๆ ครับ/ค่ะ

この(ボイボイ)の部分を、"時々"と言いたい場合には「バンクラーン」に換えて使いましょう。

具体的な回数の表現

回数の表現

”よく”、とか”時々”等ではなく、具体的に回数を言ってみましょう。

意味 タイ語 緑:アクセント / 青:男性 / ピンク:女性
私は、パタヤへ一度行きました ポム/ディチャン クゥーイ パイ タヤー レーオ ヌン クラ クラッ(プ) / カー
(Pom/Dichan Kuey Pai Pattaya Leaw Nung Krang Krab/Ka)
ผม/ดิฉัน เคย ไป พัทยา แล้ว 1 ครั้ง ครับ/ค่ะ

「クラン」

回数を示すには、「クラン」を使います。
1度「ヌン クラン」、2度では、「ソーン クラン」となります。 ^-^)

タイ語メニュー

【タイ語:数字や年月日】数字や時間